春で変わる!「いつもの」アイテムをベースアップで今年は違う自分色に

毎シーズン、同じようなアイテムで揃えがちなワードローブ。それに流行アイテムを混ぜたりして、イマっぽくしたりしますが、「いつもの」アイテムを今年はちょっと変えてみませんか?ビタ男を目指すなら新しい素材感やシルエットでベースアップをしてみましょう。

冬からの持ち越しはNG!テーラードジャケットは薄手に

最近のジャケットはカッチリした素材でなく、ゆったりした素材感やカッティングのニット素材が通年人気です。そこでやってしまいがちなのが、冬に使ったジャケットをそのまま春に持ち越すこと。やっぱり生地は厚いし、野暮ったく見えがち。なので持ち越しはやめて、この薄手テーラードジャケットを合わせてみましょう。

さらっと羽織れるのに、カーディガンよりリラックス感が抑え目で、ドレスアップ効果があります。なのでいつもカーディガンに合わせるコーデを、コレに変えてみるだけ。もちろん一重仕立て、伸縮性も◎ 白パン・デニムとの相性もバツグンです!

シャツもパナマ織りと春色カラーに

白シャツは年中定番のアイテム。もちろん前シーズンの白シャツだって使えます。ですがやっぱりどこか、年中定番の白シャツだと季節感で遅れをとってしまいます。

このシャツは基本的に春色の淡いカラーリング。どれをとっても一気にコーディネートが春色に!素材もパナマ織りで、同じ綿でもブロードなどの細かい織りでなく、イイ感じのざっくり感のある織りに。同じ素材でも、生地感の違いで「春」を演出できるんです。

衿カジュアルになりすぎなボタンダウンではなく、ワイドカラーに。なので春カジュアルの守備範囲がグッと上がる間違いなし。

足元は落ち着いた素材のローファーでメリハリをつける

服はバッチリと春らしく決まっても、足元がちょっと残念なコーディネート、よくありますよね。じゃあ流行のスリッポン履いておけば間違いないでしょ!でもキャンバス地のスリッポンだとどうしても人と被りがちだし…って言う人、ちょっと待ってください。

ここは全身春アイテムの中で、落ち着いたローファーをINしましょう。ここはスウェード製のもので合わせてみると、コーディネートがカチッとするんです。滑らかなボディにゴールドのビットのディテールが、普段のデートから高級デパートへ行くコーディネートまで使いまわせちゃいます。

もちろん素足で履いてもOK。ボトムスは踝チョイ見せくらいが◎ですね。