モテたい20代男性必見!さわやかさ重視の夏コーデ

20代の男性というと、大学生や社会人になりたての人など、そのライフスタイルは様々です。大学生なら大学のサークルや飲み会、合コン、社会人の人も飲み会や合コンなどに行くことは多いと思います。飲み会や合コンの頻度に至っては、どの年代よりも20代が多いと言われているのです。

現在の日本における「男性の平均初婚年齢」は、とうとう30歳を超えました。晩婚化は深刻な問題となっていますね。初婚年齢が30歳ということは、20代では半分以上が独身ということになります。そうなると、「女性にモテたい」と思っている男性もたくさんいると思います。
女性は、男性のファッションをよく見ています。モテたいのなら、まずは「ファッション」から見直す必要があるでしょう。ここでは、女性からの評判のいいモテコーデ、さわやかさ重視の夏コーデについてご紹介します。

20代男性の「さわやかコーデ」には「リネンシャツ」

女性にモテたいと思っているのなら、この夏は「リネンシャツ」をコーデに取り入れてみましょう。リネンシャツはとても涼しげなので、重ね着しても暑苦しくなりません。おしゃれに見せるために「重ね着」は必須スキルなのですが、その結果が「暑苦しく」なってしまったのでは意味がありません。夏コーデは涼しげでさわやかさがあることが最優先だからです。

リネンシャツはそれだけできちっとした印象、ドレス感があります。女性からの評判がいいファッションというのは、さわやかさの中にもきちっと感のあるコーデなのです。半袖のシャツよりも七分袖のものをチョイスすると、より大人っぽい夏コーデになりますよ。
リネンシャツにはそれだけできちっと感があるので、あえてボタンを留めて着なくても大丈夫です。さっと羽織るだけで良いので、堅苦しいスタイルが苦手な人でもさわやかできちっとしたモテコーデが完成します。

20代のモテコーデはカジュアルとキレイのバランスが大切

20代の男性のモテコーデは、「さわやかさ」があることが最重要です。しかし、それだけではありません。さわやかなだけでは、モテコーデとしては物足りないですね。

20代の男性がモテコーデをしようとした時、きちっとしようとするあまり「かしこまった感」が強く出すぎてしまったり、かっこよく見せようと「ナルシスト感」が出てしまうことがあります。残念ながらこれはモテコーデとは言えません。モテコーデに求められるのは「さわやかさ」と「ナチュラル感」なのです。

自然なかっこよさというのは、20代らしいカジュアル感とキレイ感のバランスの良いコーデです。先ほど紹介した「リネンシャツ」は、ドレス感、つまり「キレイ感」のあるアイテムです。キレイ感が強すぎると「かしこまったコーデ」になってしまいますから、リネンシャツにはカジュアルなアイテムを合わせることをおすすめします。

今年のトレンドをうまく取り入れるなら、「ボーダーのカットソー」がいいでしょう。色は白とネイビーの組み合わせがおすすめです。カジュアルなボーダーも、色味が落ち着いているのでそこまでカジュアルに見えませんよ。

20代のモテコーデで選ぶ色は?

では、20代男性のモテコーデ、「さわやかさ」重視のコーデではどんな「色」に注目してアイテムを選べば良いのでしょうか。世の中にはたくさんの「色」が溢れています。明るい色や暗い色まで、その「色」には様々なイメージがあることでしょう。

それでは、20代男性が女性にモテたいときには、どんな「色」を選べばいいのか、お話ししましょう。
まず、どんな自分をアピールしたいのかをはっきりさせてください。キレイめなファッションやさわやかさをより重視したいときには、「白」がおすすめです。白は今年のトレンドカラーでもあるので、上手に取り入れれば「おしゃれな人だな」と女性からの印象も良くなるでしょう。

また、男らしさをアピールしたいときには「黒」が良いです。黒はコーデにメリハリをつける効果もあるので、すっきりとしたシルエットになりますよ。ただ、シャツなどに黒を使うときは、さわやかさが減少しないようボトムや靴などを「白系」にすることを忘れないでください。